株を始めるときの3ステップ:まとめ

こんにちは。
 
これまで、株で資産運用を始めるための3ステップをお伝えしてきました。
 
①ネット証券にしよう!
②NISAを活用しよう!
③1株単位で取引しよう!
 
今日はこれをおさらいして、簡単にまとめておきます。
 

①ネット証券にしよう!

メリット:手数料が無視可能なほど安い、取り扱っている商品に制約がない(銘柄ごとに選んで売買できる)、流動性が高い(ネットバンキングで即座に資金移動が可能)ついでに、使いやすいアプリなどのUIが揃っている。
デメリット:なし。ただし、インターネットが使える人に限ります。
 

②NISAを活用しよう!

メリット:利益が非課税になる。利益が十分出た時点で清算しておけば、枠を使い切れないという心配は皆無。
デメリット:なし。ただし、限られた投資信託しかできない積み立てNISAではなく、一般NISAにしましょう。
 

③1株単位で取引しよう!

メリット:通常の1/100の価格で日本株を買える。トライ&エラーを繰り返して、投資戦術の練習ができる。
デメリット:なし。ただし、闇雲にたくさんの銘柄を買っても意味がないので、きちんと有効活用すること。
 

④おまけ:米国株も買おう!

メリット:なんやかんやで、米国株の方が優秀です。
デメリット:情報収集がやや面倒。為替差損に注意が必要。
 
ということで、さらに簡潔にまとめると、資産運用の初心者の方で、これから株で資産運用を始める場合には、以下の条件を満たす証券口座で始めましょう。
 
①ネット証券で、ネットバンキングができて、アプリで簡単に取引ができること
②NISAが開設できること、そしてNISA枠で個別銘柄の取引ができること
日本株を1株単位で売買できること(正確には、単元株未満といいます)
④米国株が取引できること
 
これが、ぼくが考える、株で資産運用を始めるためにオススメする絶対条件です。
この条件で証券口座を探せば、おのずと選択肢は限られてくると思いますので、あとは好みの問題で、まずはちゃちゃっと口座を開いちゃいましょう。
 
では、今後はこのブログで、僕の運用開始以来戦績などを紹介しながら、戦術の解説などもしていきたいと思います。
期待していてください。
ありがとうございました。